実効レバレッジはどう決まるのか

レバレッジとは

レバレッジとは簡単に言うと、証券会社がこの数量ポジションを持つなら、最低でもこの金額は口座に入れておかなければだめですという金額があります。それを必要証拠金といいます。その最低限入れておかなければいけない金額(=必要証拠金)が実際に必要な金額の25分の1なのが国内のFX口座です。

25分の1の資金で取引できるので、言い方を変えるのであれば、口座に入っている資金の25倍の資金を取引できるということになります。

それがレバレッジ25倍という意味です。

海外のFX口座であれば、最大888倍のレバレッジが適用されますから、実際に取引に必要な金額の888分の1の金額で取引できることになります。

必要証拠金と実際に必要な金額とは何か

今1ドル100円だったとします。

FXの世界では1万通貨(=1万ドル)のことを1枚という言い方をしますが、1万通貨(=1万ドル)を買うためにはいくら必要でしょうか。

1ドル100円×1万ドル=100万円必要になります。

これは本来1万ドルを買うのに必要な金額になります。

国内口座のようにレバレッジが25倍ならば、100万円の25分の1の資金があれば1万ドルを買うことができるのです。

100万円÷25=4万円あればいいのです。

海外口座のようにレバレッジが888倍ならば、100万円の888分の1の資金があれば1万ドルを買うことができます。

100万円÷888=約1126円あればいいのです。

実効レバレッジとは

レバレッジ888倍の場合、100万円分を1126円で買えるなら凄いありがたい話なのですが、もちろん悪い面もあります。

100万円分=1万ドルを買うということは、1銭値が動くだけで100円資金が増減します。

もし倍の金額の2240円口座に入れていたとして100万円分買うとします。

2240円口座に入っているので、レバレッジを計算すると約461倍になります。これが実効レバレッジになります。

実効レバレッジとはこのように実際に口座に入っている資金と必要証拠金の比率で求められたものになります。

簡単に計算式を示しますと、

100万円÷X=2240円なので
100万円=2240X
2240X=100万円
X=461(倍)

この時12銭マイナスに動くだけで-1200円になってしまい、口座残高は1040円になります。

必要証拠金は1126円なのですから、この時点で必要証拠金を下回ってしまうため、強制的に決済されてしまい、損失を計上させられてしまいます。

レバレッジ25倍の場合は100万円分を4万円で買えるのですが、値動きに対する資金の増減額は同じです。

1銭マイナスに動くだけで-100円になります。

もしこちらも倍の金額の8万円を口座に入れていたとして100万円分買うとします。

8万円口座に入っているので計算するとレバレッジは12.5倍になります。この12.5倍が実効レバレッジになります。

こちらも計算式を示しますと

100万円÷X=8万円
100万円=8万X
8万X=100万円
X=12.5(倍)

仮に先ほどと同様に12銭マイナスに動いて-1200円になっても、口座残高は7万8800円になります。

口座残高が増えたり減ったりすれば実効レバレッジも変動して12.7倍になります

この場合ですと計算式は省略しますが

7万8800円X=100万円
X=12.7(倍)

このように少しではありますが、資金が減れば減るほど最大レバレッジの25倍に数字が近づいていき、25倍になったところで強制的にロスカットになります。

海外口座の場合はこれが888倍になったところで強制的にロスカットになります。

今回のケースの必要証拠金は4万円なのですから、まだ必要証拠金を下回っておらず、強制的に損失を計上させられることもありません。

実効レバレッジは業者が違ってもほとんど同じ

先ほどの例でもし海外口座の最大888倍のレバレッジが使える時に、口座に8万円入れていた場合はどうなるでしょう?

計算式は同じです。

100万円÷X=8万円
100万円=8万X
8万X=100万円
X=12.5(倍)

この場合の実効レバレッジは12.5倍になります。最大レバレッジが888倍であっても25倍であっても関係なく、あくまでも実効レバレッジは必要証拠金と口座残高の比率で計算されますから、実効レバレッジは同じになります。

唯一の違いは強制ロスカットになるのが、実効レバレッジが25倍になった時なのか、888倍になった時なのかだけです。

もちろん先に25倍になるので、最大レバレッジ25倍の口座のほうが先に強制ロスカットになります。

しかし強制ロスカットが遅ければいいわけでもありません。

レバレッジ25倍であれば口座残高が4万円になったときにロスカットなので、入金額8万円―4万円=4万円損失になります。

一方レバレッジ888倍であれば口座残高が1126円になった時にロスカットなので、入金額8万円―1126円=7万8874円損失になります。

結論

同じ資金を口座に入れていた場合は、888倍のレバレッジのほうがロスカットにはなりにくい分、ロスカットになった時に損失額が大きくなります。

逆に25倍のレバレッジのほうは、ロスカットになりやすい分、ロスカットになった時に損失額を小さく抑えられます。

理想はロスカットにならないくらいの余裕資金を入れておくことが出来れば、どちらでも問題ないと思います。

極端な話、100万円分を買うわけですから、口座に100万円以上の金額が入っていればいいわけです。

100万円分も余裕資金がない方はどうすればいいのかというと、最低10万円分や1万円分から買える口座を選ぶのが得策です。

XMTradingのマイクロ口座でしたら、最低1000円分から買うことができますので、口座に1000円入っていれば強制ロスカットになることはありません。

参考
ハイレバレッジのリスクは借金
低レバレッジが危険なこともある

XMTradingの口座開設手順

おすすめ

人気の投稿