XMtradingのメリットとデメリットの対策

メリット

レバレッジの規制

レバレッジは日本は最大25倍なのに対し、XM Trading最大888倍まで取引できます。ですから少ない資金で取引できるメリットがあります。

ゼロカットシステムを採用

要人発言や経済指標など突発的な出来事が起きた時に、為替の価格が乱高下してしまい、ロスカットが適用されず最悪の場合借金になってしまうリスクがありますが、ゼロカットシステムを採用しているので、口座に入っている資金以上のマイナスにならず、借金を負うリスクがありません。

参考記事
ハイレバレッジのリスクは借金

口座開設ボーナスが日本よりも高い

日本の業者でも口座開設ボーナスや取引数量に比例してキャッシュバックがありますが、どれも取引量が多く、現実的ではありません。

その点、XM Trading口座開設で3000円もらえますし、入金の金額に応じてキャッシュバックも増えます

注意点はキャッシュバックは引き出しができないことです。あくまでもトレードの資金として利用するだけになります。

もちろんそれを元手に資金が増えれば、増えた分は引き出すことができます。

参考
主要FX業者のキャッシュバック(口座開設ボーナス)を比較

最低10通貨からトレードできる

最近は1000通貨からトレードできる会社も増えてきましたが、XM Tradingマイクロ口座を開設すれば、10通貨(1ドル100円)なら1000円からトレードできます。

まだトレードを始めたばかりで感覚をつかむためにトレードをする方にはお勧めです。

デモトレードでもいいのですが、どうしても実際のお金が動いていないと惰性でやってしまうことも多いと思います。だからといって最初から多くの資金でトレードするのはリスクが高すぎるので、10通貨なら安心です。

ドル円が1円動いても10円の損益だからです。

また外貨預金のように長期で保有したい場合にもお勧めです。

参考
外貨預金はおすすめしない!ネット証券をお勧めする理由

デメリット

税金が高い

海外口座の場合、所得税の課税方式が累進課税になってしまうので、税金が高くなります。

しかし絶対に高くなるかというとそうではないケースもあります。

給与所得と合わせて330万円未満の所得であれば、海外口座での所得税のほうが安くなります。

参考
海外FXのほうが税金が安い場合がある

スプレッドが広い

XM Tradingには口座が3種類あります。スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座です。

ゼロ口座はスプレッドが狭いのが特徴ですが、その代わりに1ロット(10万通貨)あたり10ドルかかります。

スタンダード口座と国内の外為どっとコム証券のスプレッドを比較してみます。

※もちろん時間や時期によって変動しますので参考までに載せておきます。

通貨によって違いますが、USD/JPYに関しては約8倍のスプレッドの広さになってしまいます。

1分足や5分足を使った短期トレードだと難しくなるかもしれませんが、1時間足や日足のスパンのトレードであればほとんど影響がないように思えます。

またXMロイヤルプログラムというものあり、取引ごとにXMポイントが還元される制度もあります。

これは10分以上ポジションを持っている日数に応じてランクが上がっていき、最高ランクになると1ロットあたり666円(1ドル100円の場合)のポイントが還元されます。

ゼロ口座はそれを利用することができません。

もしロイヤルステータスがエリートになっていれば、1ロット(10万通貨)あたり666円ボーナスポイントが還元されるわけですから、実質0.66pips得をしたことになります。

10万通貨の場合は1pips動くと1000円変動するので、666円は0.66pipsに相応します。

そうなると本来、USD/JPYのスプレッドは1.6pipsでしたがXMポイント分の0.66pipsが差し引かれたとすると、約1pipsのスプレッドでトレードをしているのと同じことになります。

国内のFX業者のスプレッドのほうがそれでも低いですが、だいぶスプレッドを下げることができます。

XM Tradingは全部で8口座持つことが出来るのですが、そのうちの1口座でロイヤルステータスをあげると、ほかの所有している口座のロイヤルステータスも同じようにあがります。

ですからお勧めしたいのは、スタンダード口座とマイクロ口座を開設し、マイクロ口座のほうでロイヤルステータスをあげる方法です。

マイクロ口座は最低10通貨(1ドル100円なら1000円)から取引できますから、10通貨だけポジションをもって、100日置いておけばいいのです。

※MT4なら最低10通貨ですが、MT5だと最低100通貨からになります。

参考
カスタムインジケータを使いたいならMT4、速度と時間足の種類を求めるならMT5がおすすめ

万が一、1円動いたとしても10通貨であれば10円の損益にしかならないので、大きな損失にはなりません。

もちろんマイクロ口座だけでもいいのですが、最大ロットが10万通貨までなので、それ以上のトレードをする場合はスタンダード口座の開設もしたほうが良いでしょう。

入出金手数料が高い

入金方法は大きく5つあります。

1.国内銀行送金
2.クレジットカード/デビットカード
3.bitwallet(オンラインウォレット)
4.BXONE(オンラインウォレット)

入金額が1万円未満の場合、980円(決済代行会社によっては1,500円)の手数料が発生します。また、お振り込みに伴う手数料(0~880円)は、ご自身の負担となります。

入金額が1万円以上であれば、入金手数料は無料になります。

また入金が反映されるまでに30分~1時間かかります。

クレジットカードやデビットカード、bitwalletやBXONEなどのオンラインウォレットは入金手数料が無料になります。

これらは即時入金になります。

ただ注意点があって、bitwalletやBXONEなどのオンラインウォレットにまず入金しなくてはならず、その入金手数料がかかってしまうので、結果的には銀行送金が最も手数料を抑えられることになります。

利益分の出金は銀行送金しかできない

基本的に出金をしようと思ったら、入金した方法と同じ方法で出金することになります。

入金が銀行送金なのであれば、出金も銀行送金になりますし、入金がネットウォレットなのであれば出金もネットウォレットになります。

ただし利益分は銀行送金以外出金することができません。

つまりクレジットカードで5万円入金し、3万円の利益を上げた場合、口座残高は8万円になりますが、クレジットカードで8万円出金することはできません。

クレジットカードで5万円出金し、残りの利益分3万円は銀行送金での出金となります。

銀行送金の場合は出金額が40万円未満の場合は、決済代行会社へ支払う2,500円の手数料はご自身の負担となります。出金額が40万円以上の場合は、XM側が出金手数料を負担します。

ですから入出金は国内銀行の送金がお勧めです。

まとめますと、

入金:1万円以上なら手数料無料ですが、お振り込みに伴う手数料(0~880円)は、ご自身の負担となります。

出金:出金額が40万円未満の場合は、決済代行会社へ支払う2,500円の手数料はご自身の負担となります。出金額が40万円以上の場合は、XM側が出金手数料を負担します。

口座維持手数料がかかる

XM Tradingは基本的にどの口座タイプも維持費は無料です。

しかし、90日間取引または入出金が無かった場合、1か月に5ドルの維持手数料が引き落とされます。5ドルというと1ドル100円の場合、約500円が毎月ご自身の口座から引き落とされることになります。

この状態を休眠口座といいます。

口座残高が0円になり、維持手数料が引き出せなくなってから120日経過すると口座が凍結してしまい、以後取引できなくなります。

休眠口座になると、口座維持手数料が毎月かかるだけでなく、口座開設ボーナス、入金ボーナス、XMポイントが消滅してしまいます。

休眠口座の解除方法は、取引をするか、入金または出金をすれば解除されます。

しかしもし、口座残高が0円になり120日経過して口座凍結した場合は、解除する方法はなく、再び口座を開設する必要があります。

XM Tradingは最大8口座まで開設できますが、1口座でも動いていれば、残りの7口座で取引や入出金がなくても休眠口座になることはなく、口座維持手数料はかかりません。

そこでぜひお勧めしたいのが、マイクロ口座で0.01ロット(10通貨)を持ち続けるということです。

※MT4なら最低10通貨ですが、MT5だと最低100通貨からになります。

参考
カスタムインジケータを使いたいならMT4、速度と時間足の種類を求めるならMT5がおすすめ

ポジションを持ち続けていれば休眠口座にはなりません。

10通貨は1円動いた場合でも10円の損益にしかならないため、万が一為替が10円マイナス側に動いたとしても、100円の損失にしかなりませんのでお金が無くなる心配がなく安心です。

また持ち続けることによって先ほど書いたロイヤルステータスのランクが上がります。100日以上持ち続けていれば最高ランクのエリートになるので一石二鳥です。

XM Tradingのロイヤルステータスは所有している口座全てに適用されるので、マイクロ口座でエリートランクになってしまえば、スタンダードコースの口座でもエリートランクが適用されます。

繰り返しになりますが、ゼロ口座はMXロイヤルプログラムを利用することができませんので注意が必要です。

 

おすすめ

人気の投稿