FXのブレイクアウトのだましを回避しようと思わなければ勝てる

ブレイクアウトに限らず、だましを回避することが出来たら、勝率も上がって収益を着実に増やせるのですが、だましで損切りを何度かするせいで結果的に利益があまりないということはよくあります。

画像を見て下さい。サポートラインを割り込んで1つ目の矢印で売り注文をしたり、抜けた後の戻り売りで2つ目、3つ目の矢印で売り注文を入れる方も多いのではないでしょうか?

いろいろなサイトを見たり、動画を見ると、ブレイクアウトは1回目のブレイクアウトに乗るのは危険だから、きちんと押し目をつけたことを確認してからポジションを取ったほうが良いと言われていますよね。

でも今回のようにそれでもだましにあってしまい、結果損切りになることはしばしばあります。

FXに限ったことではないですが、どの分野においても10%くらいの人しか利益は上げ続けられないと思っています。

そう考えた時に、だましを回避する方法を調べる人やブレイクアウトの後の押し目買い、戻り売りをする人は大衆側の思考だと思うんですね。

多くの方が調べて実行している手法で勝ち続けることができるなら、それは投資家の大半が勝っていることになります。

でも現実は大半が負けていますから、多くの投資家が実行している手法では勝ち続けるのは無理だと思います。

むしろ先ほどの画像で言うところの一番右の矢印でロングをするほうが勝てます。

勝ち続けようと思ったら、ブレイクアウトのだましの回避の方法を探すのではなく、ブレイクアウトのだましを利用するほうがはるかに簡単に勝ち続けられます

常にどこでSが入ったか、Lが入ったかを見ていくとわかりやすいですよ。

FXは過去検証ばかりしていても勝てるようにはなりません。

とにかくトレードの経験を積み重ねるしかありません。練習です。

本来であれば、チャートにしがみついてずっと見ていることが望ましいです。

でも副業でやる場合は、時間も限られていますからそうはいっていられません。

それならばより短い時間で、相場に慣れるためには動いているチャートで練習するしかないのです。

ですから他の記事でも書いているように、Forex Testerなどを活用してとにかく早く相場の感覚を身に着けることが、勝ち続けることへの近道だと思っています。

 

参考記事
Forex Tester(フォレックステスター)はどれがいいのか

FXは練習時間が作れないなら、やめたほうがいい

 

 

おすすめ

人気の投稿