youtubeの1再生の単価はいくらなのか

youtubeの単価って一体いくらなのか気になりますよね。これは一概にいくらと言いきれません。なぜならば変動するからです。

変動要因

①動画ごとに違う
②月または日ごとに違う
③ジャンルでも違う
④視聴されている国で違う

①動画ごとに違う

youtubeの動画の広告は動画が8分以上の場合、動画投稿者が広告をいくらでも差し込めるので、単価を上げやすくなります。もちろん差し込んだ広告が全て流れるわけではないのですが、動画の視聴時間が長ければ長いほど、広告が流れる確率は高くなります。

逆に8分未満の動画だと最初の1回しか広告が流れないので、単価は低くなりがちです。

またその動画を見ている視聴者層によっても変わってきます

10代よりも50代や60代女性のほうが貯蓄もあり、買い物をする世代であることから、企業もたくさん広告を入れてきますので、単価が高くなる傾向があります。

自分の視聴している動画に広告が入ったら、どのような広告が流れるかで、おおまかな視聴者層がわかります。

ゲームの広告が入るようでしたら、若年層の視聴者が多いですし、化粧品の広告が入るようでしたら、年配の女性が多いと思います。

②月または日ごとに違う

日ごとに単価は変わります。それは先ほども書いたように、視聴時間が長い日もあれば短い日もありますし、検索から流入したのか、おすすめから流入したのかによっても変わってしまうからです。

検索から流入した場合は、その動画を見ようと思って見ているので、比較的動画の視聴時間が長くなることが想定されるため、広告が入りやすくなります。

逆におすすめから流入している場合は、とりあえず見るだけ見てみるかといったように興味本位で見ているので、途中で興味がなくなると動画の視聴をやめてしまいます。

そうなると広告が入りづらくなります。

また単価の低い動画の再生数が多くなれば、それだけ1日の単価は下がります。

月ごとの変動も結構あり、特に12月、3月は企業が広告を多く出すことから、単価は通常よりかなり高くなる傾向があります。

大体2~3倍の単価になります。

③ジャンルで違う

ビジネス系のジャンルは単価がかなり高くなります。1再生あたり1円以上になることもあります。1再生0.1円と言われていますが、おそらく平均的には0.3円くらいなのではないでしょうか。

④視聴されている国で違う

実は国ごとに広告の単価は変わってきます。日本の広告単価は世界と比べても高いほうです。

日本より広告単価の高い国は、アメリカやヨーロッパ、オセアニア地域です。特にアメリカ合衆国やオーストラリアが特に高いです。

逆に南米やアジア、アフリカは単価がかなり低くなります。

結局単価は??

結論を先に言ってしまうと、こればかりは本人以外はまったくわからないということになります。

ただし大体の目安は立てられます。

ビジネス系のユーチューバーでしたらおそらく最低でも広告単価は1再生0.5円以上はあると思います。

もしかすると1円以上あるかもしれません。

基本的には1再生0.3円くらいだと思って計算しておけばいいと思いますが、動画の時間が長い場合(20分以上など)はもう少し単価が高く、1再生0.4~0.5円くらいはあるかもしれません。

逆に視聴者に外国の視聴者が多い場合や、8分未満の動画が多い場合は、1再生0.1円~0.2円くらいになっていると思います。

 

 

おすすめ

人気の投稿