低レバレッジが危険なこともある

レバレッジとは

レバレッジとはFXに関して言えば、投資資金の最大25倍の資金でトレードできるようになるものです。

例えば今100万円もっていて、1ドル100円だったとします。

すると本来であれば100万円÷100円=10000ドル買うことができます。この状態がレバレッジ1倍です。

最大25倍のレバレッジを掛ける場合は10000ドル×25=250000ドル買うことができます。

日本円で考えると2500万円分の取引ができることになります。

これだけ考えるとすごい危険に感じるかもしれませんが、レバレッジを掛ける場合に必ず覚えておく必要がある用語が証拠金維持率です。

これは先ほどの考えと逆で、2500万円分の取引をするためには、最低でも100万円は証拠金として口座にお金を入れておく必要があるということです。

100万円を口座にいれておく必要がある状態で、100万円ちょうど口座に入っていれば証拠金維持率は100%になります。

言い方を変えると、レバレッジ25倍の取引をする場合は、証拠金維持率は100%になります。

もし半分の1250万円分の取引をする場合でしたら、最低でも50万円は証拠金として口座ににお金をいれておく必要があるので、もし100万円口座にお金が入っていれば、証拠金維持率は200%ということになります。

つまりレバレッジが低ければ低いほど証拠金維持率は高くなるのです。

ロスカットとは

口座を開設している証券会社によって多少変わるものの、この証拠金維持率が100%を割ったらロスカットといって、強制的に損失を確定させられるシステムがあります。

これは90%~30%の間で選べる会社もありますし、100%で決まっている会社もありますが、いずれにしてもその定めた維持率を割ると強制的に損失を確定させられてしまいます。

ですから強制的に損失を確定させられないように、高い証拠金維持率のほうが良いと言われているのです。結果としてそれは低いレバレッジを掛けたトレードということになります。

証拠金維持率が高いほうが良いというのは一概に言えない

もし1ドル100円の時に、10000ドル分買おうとしたら100万円必要になりますが、必要な証拠金は25分の1である4万円あれば買うことができます。

もしこの時、
100万円もっていれば、レバレッジは1倍で、証拠金維持率は2500%になります。
4万円しか持っていなければ、レバレッジは25倍で、証拠金維持率は100%になります。

そしてFXの場合1銭のことを1pipsと表記しますが、では10銭である10pips動くといくら動くでしょうか。答えは1000円になります。

これはレバレッジ1倍であっても25倍であっても同じです。なぜならばどちらも10000ドル分買ったからです。

今回、自分の定めた証拠金維持率が90%だとしましょう。

証拠金維持率が90%ということは、残高が32000円になったら強制的に損失を確定させられてしまうということです。

100万円もっているほうは、96万8000円分の余力がありますが、4万円しか持っていないほうは、8000円しか余力がありません。

8000円は80pips(=80銭)動いてしまうとだめですが、96万8000円は9680pips(=96円80銭)動いても大丈夫です。

普通に考えて、96円も為替で動くわけないので、絶対に強制的に損失を決済される心配はありません。

これらのことを考えると、レバレッジは低いほうが安全だと思いますが、そうならない場合もあるんです。

例えばレバレッジ10倍でトレードした場合を考えてみます。10000ドルは100万円必要なのですから、レバレッジ10倍ということは10万円で買ったことになります。

10000ドル買うためには、4万円の証拠金が必要なのですから、証拠金維持率は250%になります。

先ほどと同様に維持率を90%でロスカットになる場合、残高が32000円になってしまったら強制的に損失を確定させられるので、68000円の余力があることになります。

68000円は680pips(=6円80銭)動いても大丈夫です。

レバレッジ25倍の場合は80pips(=80銭)動いたらダメでしたから、そう考えるとかなり余力があるように思えます。

ここが最大の盲点です。

レバレッジ10倍で、もし6円80銭動いてしまった場合は、68000円の損失を確定することになります。

しかしレバレッジ25倍のほうは、80銭動いたらダメですが、その場合8000円の損失を確定することになります。

このように強制ロスカットになってしまった場合は、レバレッジの低いほうが損失額が大きくなってしまうのです。

考え方を変えてみて、トレードをする際に損切りラインを決めると思いますが、その損切りラインになったところが強制ロスカットになるくらいのレバレッジでトレードするのが、資金のないうちはいいような気もします。

 

おすすめ

人気の投稿

1件のコメント

コメントは受け付けていません。