youtubeの撮影機材は一眼か?ビデオカメラか?スマホか?

カメラの知識がそこまでない私がすべて使ってみた実際の感想を書いていきます。もちろんすべての機能を使いきれる知識と腕があるのであれば、ミラーレス一眼で動画を撮ることをお勧めします。

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼のいい点

・画質がとにかく綺麗
・ボケが入る
・内臓マイクでもしっかり音を拾う
・あらゆる機能の設定が出来る

画質の綺麗さは言うまでもありません。ましてセンサーサイズがフルサイズとなれば画質の綺麗さは群を抜いています。ミラーレス一眼でとった後、他の媒体の動画を見てしまうとすべて画質が悪いように感じてしまうくらいです。

また背景ボケするので、プロが撮ったような動画を演出してくれます。

一眼カメラなので、あらゆる設定ができます。絞りやシャッタースピード、ISO感度はもちろんのこと、倍率、ホワイトバランスなど、自分が撮りたいと思うような映像を撮ることができます。

悪い点

・焦点が合いづらい
・ボケが入る
・白とびする
・絞りを絞りすぎるとレンズががくがくなる
・明るさの調整が難しすぎ
・モニターと明るさが違う
・焦点距離が遠い。近くのピントが合わない

ミラーレス一眼は悪い点のほうが多いというわけではありませんが、それくらい操作が難しいことは確かです。

焦点が合いづらい、ピント合わせ

まずピント合わせがかなり難しく、オートフォーカスにしていると違うところにピントが合ってしまった場合、背景ボケを起こしてしまい、映したかった場所が完全にぼけてしまいます。

これは自分がモニターを見ながら撮影する場合でしたら多少防ぐことはできますが、三脚などに固定してやる場合ですと気づけないことも多いです。

対策としてはマニュアルフォーカスにしておくか、オートフォーカスの場合はフォーカスエリアの設定を中央にしておくことで、中央にある被写体に必ずピントが合うようになります。

明るさの調整

そして明るさの調整もかなり難しいです。動画を撮影する際は、すべてオートだと思った通りの動画はまず撮れませんのでマニュアルの設定が必要になります。

その時、絞りとシャッタースピードとISO感度を調整していく必要がありますが、シャッタースピードはフレームレートの1倍~2倍で撮影しないと映像が滑らかになりません。

フレームレートとは24fpsや30fps、60fpsなどがあります。これは1秒間に何枚の静止画を撮影するかという意味です。

動画は静止画の連続で撮影しています。30fpsなら1秒間に30枚、60fpsなら1秒間に60枚になります。

シャッタースピードはフレームレートの1~2倍で撮ると滑らかになるので、30fpsならシャッタースピードは1/30秒か1/60秒がいいのです。

60fpsならシャッタースピードは1/60秒か1/120秒が適していることになります。

また蛍光灯は目で見ている分にはちかちかしていませんが、カメラを通すとちかちかしてしまいます。これをフリッカー減少というのですが、このちかちかしている映像にならないようにするには、西日本は/50秒、東日本は1/60秒にシャッタースピードを合わせると解消します。

ですから絞りとISO感度をその時々で調整することになります。絞りを開放する(F値を小さくする)と背景がボケやすく、映像が明るくなるのですが、この時太陽光などがあると映像が明るすぎてしまい、白とびという現象が起こります

白とびをすると何を撮っているかわからないくらい映像が真っ白になるので、これになってしまうと編集しても修正されません。

ISO感度を明るさの一番暗くなる100に設定していても白とびを防ぐことができません。

そうすると絞りを絞る(F値を大きくする)と映像が暗くなるので、絞りを絞ることになります。しかしここでも問題が発生します。

絞りを絞りすぎると、今度は焦点が合いづらくなり、レンズがガクガク揺れる現象が起きます。被写体が平面に近いとなりやすいです。

ではどうするかというと、NDフィルターを別途買う必要があります。NDフィルターは持っているレンズの口径の大きさによって変わってきますので、ご自身のカメラのサイズに合ったものを選んでください。明るさが毎回異なるので、フィルターの暗さを調節できる可変式がお勧めです。

明るさの問題は室内でも起こります。被写体の明暗差があるときにとても難易度が高くなります。例えば黒いものと白いものを動画で撮影する場合です。カメラの機種にもよりますが、画面全体やピントの合っている場所、中心のどこの部分の明るさを基準にするかを選べますが、画面全体にすると、黒いもののほうが面積が多ければ暗いと判断し多少明るくなります。そうすると白いものは白とびします。

では逆にピントの合っている部分(白いもの)の明るさを基準にする設定にすると、今度は黒潰れといって黒い部分が暗くなりすぎてしまいます。またピントの合っている部分は常に動きますから、動くたびに明るさがかなり変わりますし、必ずピントの合う場所に被写体を合わせなくてはなりません。

またモニターで明るさがちょうどよいと思っても、実際見てみると幾分暗めに映っていることも多いです。

この明るさの問題はこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい

ミラーレス一眼の液晶モニターと実際の写真の明るさが違う場合(白飛び対策)

焦点距離(被写体にどれくらい近づけるか)

最後に焦点距離といってピントが合う最も近い距離が30cmくらいあるため、小さいものを撮ることができません。小さいものを撮ろうとするとかなり近づかなくてはなりませんが、近づきすぎるとピントが合わなくなってしまいます。

ではどうするかというと、単焦点レンズを別途買いそろえることになります。

ここまで見ていただいて、カメラの知識がかなりある人でもない限り、ミラーレス一眼で動画を撮影することがいかに難しいかわかると思います。また追加でいろいろ道具を揃えなくてはなりません。もちろん最初に書いたように、すべての機能を使いこなせる方であれば、綺麗な映像が撮れることは間違いありません。

スマートフォン(iphoneまたはandroid携帯)

ではiphone(apple)やAndroid携帯(google)のようなスマートフォンはどうなのかについてです。

iphoneの良い点

・ズームにならず画角がそのままなのでAndroid携帯よりは綺麗
・白飛びしない

悪い点

・ホワイトバランスが調整できないので色かぶりがよく起こる
・ミラーレスに比べると画質は悪い

iphoneの最大の難点はホワイトバランスが調整できないことです。赤被りといって、幾分赤みがかった色になります。それを防止するために本来であればホワイトバランスを調整して撮影しますが、iphoneは調整できないので、あとからアプリを使って修正することになります。

ただ修正できるといっても、本来の色に戻すことは出来ず、撮影時よりは幾分よくなったという程度のもので、あまりに赤被りがひどいものだと、修正もきかないレベルになります。

アプリでホワイトバランスが調整できるものもありますが、画質が悪くなるなどといった難点があるものもあります。

アンドロイド携帯の良い点

・ホワイトバランスが調整できる
・白飛びしない

悪い点

・ズームになって画角がせまくなるので画質が落ちる
・ズームすると画質が落ちる

なぜかAndroid携帯は、動画を撮影するときにズームになります。ズームになるとスマートフォンは画質が落ちます。画質の良さだけで言えば、ミラーレス一眼>iphone>アンドロイドになります。

ビデオカメラ

良い点

・モニターが回転するので、自撮りがしやすい
・軽いので持ち運びに便利

悪い点

・スマートフォンに比べて白飛びすることがある
・画質がスマートフォンと変わらない

ビデオカメラに関しては、使っている方も結構多いと思いますが私自身はそこまで使っていません。

なぜならば、画質はスマートフォン寄りですし、全体的に映像が暗く、白とびもしやすいからです。被写体に寄ろうと思うとスマートフォンのほうが近くに寄れますから、ビデオカメラで撮るならスマートフォンのほうが持ち運びもできて手軽に撮影出来ていいのではないかと思っています。

結論

全てを使いこなせる場合は、絶対にミラーレス一眼カメラがお勧めです。しかし価格も高いですし、動画を投稿するまでにいろいろ考えることが多すぎると続きませんから、まずはスマートフォンで十分だと思います。

 

おすすめ

人気の投稿